面白いことやって生きよう

なんか作ったり 面白いことしたり

パソコンをー作るぞー(分かりやすくしたい)

優勝は良いものだ急にこんな話どーも私です

いってる職場のソフトボールチームが優勝しました

応援にいっただけですけど

これもひとえに私が相手チームにベホイミをかけ続けたお陰ですな

 まーそれはいいとして今回はマザーボードのあたりのお話をしましょうかねー

マザーボードとは前回お話ししたCPUやメモリ、HDDなどをつなぐ役割をする大事な

部品でございます

それでは選び方でーす

前回お話しのCPUを選んだと仮定してお話しますね

CPUにはソケットと呼ばれる規格がございます

インテルセレロンG3900ならLGA1151という規格

     ペンティアムG5420ならLGA1151

AMDのアスロン200GEならソケットAM4

という風にマザーボードにCPUを装着する規格がありまして

まだ他にもCPUの世代(古いか新しいか)によって何種類かあります

今回はLG1151とAM4の話をします

まずLGA1151の話から

セレロンG3900もペンティアムG5420も同じLGA1151じゃんと思ったそこのあなた

そーなんですよ1151なんですよ。しかしそこには気をつけねばならないことが

あるのですそれはCPUの世代です

パソコンの世界には下位互換という言葉がありましてソケットの形が合えば

古い世代の部品は遅い規格になりますけど動くことはあります

新しい規格の部品はその新しい規格に合ったものでしか動かないものがあります

マザーボードにはチップセットという物がついていてこれが新しくないと新しい規格

のCPUが動かないのです

セレロンG3900は同じLGA1151ですが第6世代と言われる世代のCPUです

ペンティアムG5420は第9世代と一番新しい世代となっております

第9世代以前のマザーボードにはG5420は乗らないのです

調べ方ですがパソコンショップマザーボードのところにも書いていると思いますが

これというマザーボードがあれば名前のところを右クリックしながらドラッグして

右クリックでGoogleで検索かBingで検索と出てくると思うので検索してください

そしてそのマザーボードの名前とメーカー名を確認してあってたらそのページを

開いてくださいそして多分上の方にあると思いますがサポートというところを探して

クリックするとCPUサポートという項目があると思いますそこに使おうと思ってる

CPUの名前があればまず使えます 以上LGA1151の話でした

一方AMDのソケットAM4ですがこれはですねいいCPU(ライゼン5とか)でも

アスロンのようなCPUでも同じソケットを使うので多分大丈夫です

一応上記の調べ方で調べてもらいたいですが

さてCPUとマザーボードが決まったと仮定しましょう次はメモリです

モリーにも規格という物が存在するのよ

DDR4とかDDR3とかいう名前です。単純に言うとDDR4の方が新しくて早い

ということです

DDR4のあとに3200とか2133とか数字がついていますがこれも単純に早さです

ちなみに

DDR3は800/1066/1333/1600/1866/2133/2400/2666の物が

DDR4は1600/1866/2133/2400/2666/2800/2933/3000/3200/3400/3600/4000/4260があります

さて選び方ですがこれまたCPUが関係してくるんだこれが

G3900の場合対応しているメモリがDDR4-1866/2133、DDR3L-1333/1600

と古い規格のDDR3メモリが使えますが新しいDDR4の早い奴が使えません

G5420はDDR4-2400までのメモリが使えます

 アスロン200GEの場合というかAMDの場合特殊な注意が必要ですが

アスロンならたぶん大丈夫かと思われます

200GEはDDR4-2667まで対応しています

 

まあまり難しく考えずにまず容量を決めてウインドウズ動かすだけで4GBはいりますしゲームするなら8GBはいりますだからお勧めは8GB~16GBぐらいで規格に合った安いものを相性保証してくれるお店で買うことですね(パソコンのパーツは相性によって動かないことがありますちなみに私はいままでありませんけど)

長くなりますが次はHDD(ハードディスク)の話

みなさんHDDは知ってますか今は家電とかでも使われてますよね

HDDはプログラムや(ウインドウズとか)データを保存する装置です

このプログラムを動かしたいと命令を出せばHDDの中から探してきてくれて使えるようにしてくれるそんな装置ですそんな中、今HDDの存在を脅かす存在が登場しております

それがSSD(ソリッドステートドライブ)です

このSSDぶっちゃけて言うと大きいSDカードみたいなもので

書き込み読み込み速度がハードディスクの3倍位の速度が出ます。最初ハードディスクで作ってからSSDに変えたら

すごーく起動が(パソコンが使えるようになる状態になるまで)速くなって感動したわー

でも良いことばかりではなくまず値段がハードディスクに比べると高い

あと書き込み読み込み回数が制限がある

データが壊れたとき復旧がまず不可能であるということが

あります

予算に余裕があればウインドウズをインストールするのを

SSDにして大事なデータはハードディスクと言う風に両方乗せて使うのも良いかと思います

続きまして電源で御座います

電源はあまり安いものじゃなければ良いと思います

ジサカーのなかでは電源は壊れるものと思われておりますが

私の奴は安いけどまだ元気に動いておりますよ

あとはこいつらを収めるケースで御座います

ケースもピンキリで安ーい物からすげー高いものもあります

あそうそうマザーボードには大きさの規格がありまして

ATX,maicroATX,なんかがございましてケースもそれに準じた大きさの物をお買い求めください。なお。ATX(フルタワーとも言う)ケースにはmicroATXのマザーは付きます

あとはOS、ウインドウズ10ってやつですね

これも製品版とDSP版と呼ばれるものがありますこれはまた次回に

なんやかんやで長くなりましたが何だったらパソコンショップの組み立てキットなんかから始めたらいかがでしょうか

あまり難しく考えないでトライですよ

間違えてたらごめんね

さて次回はおそらく組み立て編です乞うご期待 ではではー